基本のポイの回し方

ポイは左右の手に一つずつ持つ。そのため、両手を同時に操作することになる。大まかに回し方は2×2の4通り。その内訳は

  • 同じ方向に回す or 逆の方向に回す(セイム or オポジット)
  • 同じタイミングで回す or ずらしたタイミングで回す(パラレル or スプリット)

で回し方が決まってくる。さらに同じ方向に回す場合

  • 前回し or 後ろ回し(フォワード or バックワード)

という点でも違いが出てくる。と少しややこしくなりそうだが、最初はとにかく回してみることが大切だ。やっていることも単純なので、映像を一度見れば理解できると思う。なお、縄跳びと同じで後ろ回しの方が最初は怖いと思うだろう。

コツは腕を使って回すのではなく手首を使って回すことだ。手首が動くだけで手の位置はあまり変わらないようにすると綺麗に回すことが出来る。このステップが出来るようになったら次はターンの練習だ。